日本臨床神経生理学会 日本臨床神経生理学会
トップページ(検索)へ戻る
日本臨床神経生理学会について
役員・委員会・名誉会員
学会誌
学術大会、技術講習会
学会からのお知らせ
認定制度
ガイドライン、委員会報告
学会賞・優秀論文賞
国際臨床神経生理学連合
各種学会・研究会、国際学会・研究会
研究費公募・助成金、募集
外部リンク
会員用サイト
人情報保護について
連絡先、諸手続
更新記録







認定医・認定技術師 更新について

2006年実施の移行措置により、日本臨床神経生理学会認定医・日本臨床神経生理学会認定技術師となられた方々の有効期間は、2006年10月1日から2011年9月30日までの5年間です。
更新の条件は以下のとおりです。「臨床神経生理学」第33巻第2号の巻頭綴込でお知らせしておりますので、ご確認下さい。

日本臨床神経生理学会 認定医

有効期間: 5年間とする。
資格更新: 資格更新手続きを行い,以下の条件を満たす者は資格を更新できる。更新資格の有効期間は5年間とする。

  1. 認定資格取得後引き続き5年間本学会会員であること。

  2. 更新は点数制度(附則10)とし,本学会主催の学術集会,技術講習会および関連講習会または関連学会,研究会への参加,あるいは論文により,5年間で50点以上を満たした場合とする。ただし,本学会主催の学術集会,技術講習会への参加あるいは「臨床神経生理学」あるいは「Clinical Neurophysiology」の原著論文掲載で30点以上を取らなければならない。

  3. 海外留学やその他のやむを得ない理由で点数が50点に満たない場合には,その理由を書面で本学会へ提出すること。審査の上,正当な理由と判断された場合には,取得期間の延長を認める。

  4. 更新申込書,学術集会等の参加証あるいは抄録等のコピーを提出する(附則8)。

  5. 本学会認定委員会が資格の審査を行い,理事会が決定する。

日本臨床神経生理学会 認定技術師

有効期間: 5年間とする。
資格更新: 資格更新手続きを行い,以下の条件を満たす者は資格を更新できる。更新資格の有効期間は5年間とする。
  1. 認定資格取得後引き続き5年間本学会会員であること。

  2. 更新は点数制度(附則10)とし,本学会主催の学術集会,技術講習会および関連講習会または関連学会,研究会への参加あるいは論文により,5年間で40点以上を満たした場合とする。ただし,本学会主催の学術集会,技術講習会あるいは関連講習会への参加で20点以上を取らなければならない。


  3. 海外留学やその他のやむを得ない理由で点数が40点に満たない場合には,その理由を書面で本学会へ提出すること。審査の上,正当な理由と判断された場合には,取得期間の延長を認める。


  4. 更新申込書,学術集会等の参加証あるいは抄録等のコピーを提出する(附則8)。

  5. 本学会認定委員会が資格の審査を行い,理事会が決定する。

更新にあたっては、附則8と附則10をご参照下さい。
更新点数については、以下のような変更がありますので、お知らせいたします。

附則8. 参加証   発表者本人は,参加証のかわりに抄録等のコピー提出でも認めるが,それ以外の参加者は参加証を提出すること。
附則10. 更新点数

  1. 学会,研究会への参加
    1) 15点:
    日本臨床神経生理学会学術大会〔註〕,日本臨床神経生理学会技術講習会〔註〕,国際臨床神経生理学会(ICCN)
       〔註〕日本臨床神経生理学会学術大会に参加した場合15点,日本臨床神経生理学会技術講習会に参加した場合15点。ただし、同一年度にこれらの両方に参加した場合は20点とする。 
    2) 10点:
    臨床神経生理技術講習会・東京,臨床神経生理研究会(九州),医師のための筋電図・神経筋電気診断セミナー
    3) 7点:
    ISBET,国際誘発電位シンポジウム,国際てんかん学会,アジア・オセアニアてんかん学会,国際小児神経学会,アメリカ神経筋電気診断医学学会(AANEM),アメリカ臨床神経生理学会(ACNS),ヨーロッパ臨床神経生理学会,アメリカてんかん学会,アジア・オセアニア臨床神経生理学会,国際ヒト脳機能マッピング学会(HBM)
    4) 5点:
    日本小児神経学会,日本てんかん学会〔註〕,日本睡眠学会,日本ヒト脳機能マッピング学会,日本てんかん外科学会,日本神経科学学会,日本生理学会,日本整形外科学会,日本神経学会,日本脳神経外科学会,日本精神神経学会,日本リハビリテーション医学会,日本薬物脳波学会,日本生体磁気学会,日本生理心理学会,日本脊椎脊髄病学会,日本臨床衛生検査技師学会,日本理学療法士学会,日本臨床検査医学会
       〔註〕日本てんかん学会に参加した場合5点,同学会前日開催の「教育セミナー」に参加した場合5点。ただし、これらの両方に参加した場合でも5点、片方の場合でも5点とする。
    5) 2点:
    関東臨床神経生理研究会,福岡臨床と脳波懇話会〔註〕,Fmθ研究会,日本脳電磁図トポグラフィー研究会,日本ME学会,ERP研究会,脊髄機能診断研究会,関東神経生理検査技術研究会,日本神経生理検査研究会
       〔註〕年1回の参加でも2点,1回以上の参加でも2点とする。
    6) 他に認定委員会が適当と認める学会および研究会。点数は学会の規模や内容に応じて決め,理事会で最終的に決定する。

  2. 学会発表:日本臨床神経生理学会学術大会5点(発表者本人に限る)
  3. 原著論文(短報も含む)
    1) 臨床神経生理学,Clinical Neurophysiologyの筆頭著者10点,共著者5点。関連国際誌(Muscle & Nerveなど)の筆頭著者7点,共著者3点。関連国内誌(臨床脳波など)の筆頭著者3点
    2) タイトルページをコピーし,提出する。掲載誌や論文内容が脳波分野あるいは筋電図・神経伝導分野に関連したものかどうかを認定委員会が判定する。

PDFファイル(17.8KB) (認定医・認定技術師 更新について)

2006年12月8日
日本臨床神経生理学会
認定委員会

このサイトは日本臨床神経生理学会内広報委員会 (jscn-kouho@umin.ac.jp) によって管理・運営されています。