●バックナンバー Vol.31 2006 目次
       
 Vol.31 No.1 2006 目次
原 著
     
●鼻咽腔閉鎖不全に対する軟口蓋挙上装置の効果
  二宮 史浩,窪田 泰孝,松崎 幸代,緒方 祐子,落合 聡,佐々木康成,鈴木 陽,白砂 兼光
1
●The Influence of Maxillary Platform Deformities on Cleft Lip Nasal Deformity -Analysis Using Three−Dimensional Computed Tomographic Scans−
  Yoshiaki KINNO, Seiichiro KOBAYASHI, Hiroyuki MIURA, Yukio SEINO, Minoru YAGI, Kae WAKABAYASHI, Shogo HONJO, and Takayuki HONDA
7
●Nasal stent付き口蓋床を用いた術前矯正の効果に対する検討
  若林 香枝,古町 美佳,金野 吉晃,三浦 廣行,本多 孝之,本庄 省五,小林誠一郎
15
●スピーチエイドによる発音時口蓋帆挙筋の疲労軽減効果
  野原 幹司,舘村 卓,小谷 泰子,佐々生康宏,尾島 麻希
23
統 計
 
●矯正専門施設における唇顎口蓋裂患者の臨床統計的調査
  菊地 誠,大塚 香織
31
●東京歯科大学水道橋病院矯正歯科における過去5年間の口唇裂口蓋裂患者の統計的観察
  吉村 亮子,安部 輝美,宮崎 晴代,小野 暁美,三代 真義,長谷部利一,坂本 輝雄,末石 研二,谷田部賢一,山口 秀晴
39
●粘膜下口蓋裂症例の臨床統計的検討
  朴 修三,加藤 光剛,北野 市子
45
症 例
 
●当科における唇裂鼻open method
  林 雅裕,蔵持 大介
52
●側方拡大後の口蓋に頬粘膜移植した硬軟口蓋裂の一治験例
  平川 崇,鳥飼 勝行
61

  新入会員並びに住所変更欄  
 
 Vol.31 No.2 2006 (第30回総会抄録号)
  →掲載しておりません。  

 Vol.31 No.3 2006 目次
教育講演
 
●Hotz床併用二段階口蓋形成法の長期予後
 ―片側症例の成長終了時側面頭部エックス線規格写真による評価―
  燒リ 律男,福田 純一,小野 和宏,飯田 明彦,朝日藤寿一,寺田 員人,齋藤 功
245
原 著
     
●骨延長術後の上顎第二大臼歯の萌出様相について
  平石 有,馬場 祥行,辻 美千子,鈴木 聖一,大山紀美栄
253
統 計
 
●我国におけるエレクトロパラトグラフィを用いた研究の動向
  藤原 百合,山本 一郎
261
●The Prevalence of Cleft Lip and/or Palate in Mongolia
  Garidkhuu ARIUNTUUL, Hiroo FURUKAWA, Miyuki UETANI, Satoshi SUZUKI, Noriko MATSUZAWA, Naofumi OBAYASHI, Waka YOSHIDA and Nagato NATSUME
267
●エレクトロパラトグラフィを用いた構音のホームトレーニングの効果
  ―通常の訓練で改善が難しかった症例について―
  山本 一郎,井上 幸,藤原 百合
274
臨 床
 
●口唇裂口蓋裂を出生前診断された妊婦に対する治療側からの支援
  ―出生前情報提供の体制作り―
  中新美保子,森口 隆彦,岡 博昭,佐藤 康守,三村 邦子
285
●上顎骨延長術(REDシステム)を行った両側性口唇口蓋裂患者における骨移動様相 ―骨内マーカーを用いて―
  室伏 道仁,岡藤 範正,倉田 和之,近藤 昭二,杠 俊介,栗原 三
293
症 例
 
●片側唇顎裂の術前顎矯正による歯槽形態変化
  平川 崇,山本 康,長西 裕樹,牧野 太郎,小林 眞司,鳥飼 勝行
302
●咬合機能の改善を行った極めて大きな顎裂を有する両側唇顎口蓋裂の1例
  齊藤シオン,伊藤 亜希,木住野義信,松崎 英雄,田中 潤一,燒 伸夫
313
●上下顎同時骨延長を行った両側性口唇口蓋裂の1例
  代田 達夫,宮崎 芳和,歌門 美枝,鈴木 規子,新谷 悟,槇 宏太郎,中村 篤,三次 正春
319
●Möbius症候群に伴う先天性鼻咽腔閉鎖機能不全症に対しlateral pharyngoplastyを施行した1例
  黒澤 智子,藤澤 裕一,山下 昌信,岸邊 美幸,川上 重彦
329

  第30回日本口蓋裂学会総会議事録
334
  新入会員並びに住所変更欄