●バックナンバー Vol.29 2004 目次
       
 Volume 29 No.1
原著
   
●22q11.2欠失症候群に関する検討 ―臨床症状,合併症,言語機能を中心として―
  北野 市子,朴 修三,加藤 光剛
1
●口蓋皺襞を基準とした片側性唇顎口蓋裂児の上顎歯列弓変化の三次元評価 ―口唇形成術から口蓋形成術まで―
  本田 康生,鈴木 陽,笹栗 正明,中村 典史,大石 正道
8
  ●顎裂部二次骨移植術を行った片側性口唇口蓋裂患者における上顎歯列弓の安定性に関する検討
    大庭 知子,三木 善樹,岡崎 雅子,高橋 巧,茶野秀太郎,堀内 信也,森山 啓司
16
  ●Furlow法を用いたHotz床併用二段階口蓋形成手術法における言語機能 第1報 4歳時と5歳時における言語成績
    寺尾恵美子,高木 律男,大橋 靖
30
統計
 
  ●顎裂部に対する歯科インプラント治療 ―アンケートによる多施設共同研究―
    松井 義郎,大野 康亮,福田 雅幸,高橋 哲,立川 敬子,朝波惣一郎,山本 一彦,藤澤 健司,白土 雄司,富永 和宏,松浦 正朗
40
  ●過去12年間に,川崎医科大学形成外科で初回手術を行った口唇裂口蓋裂及び口蓋裂単独症例の臨床統計学的観察 ―第1報―
    山本 真弓,森口 隆彦,浜中 孝臣,稲川 喜一,篠山 美香,三河内 明
48
症例
   
  ●口唇口蓋裂患者に対する創内型装置を用いた上顎骨延長術の経験
    代田 達夫,斎藤 茂,中納 治久,山口徹太郎,柴崎 礼子,向山 和孝,歌門 美枝,中村 篤,大野 康亮

57

 
  第27回日本口蓋裂学会総会議事録
71
  新入会員並びに住所変更欄
       
 Volume 29 No.2 (第28回総会抄録号)
  (省略)  
       
 Volume 29 No.3
原著
   
●早期二期的口蓋裂手術を施行した片側性完全唇顎口蓋裂症例の言語成績 ―4歳時の評価―
  峪 道代,西尾順太郎,山西 整,山西由紀子,平野 吉子,住田 恵子,松浦 尚子
247
●片側完全唇顎口蓋裂症例における早期二期的口蓋裂手術後の上顎歯槽弓形態 ―4歳時における評価―
  山西由紀子,西尾順太郎,山西 整,平野 吉子,峪 道代,足立 忠文,宮 成典,向井 隆雄
255
  ●顎裂部への二次的骨移植に関する臨床的検討 第一報 手術時期別骨架橋形成について
    石井 正俊,森山 孝,森田 圭一,今泉 史子,小村 健,石井 良昌,大山紀美栄,本橋 信義,飯田 敏明,谷口 尚,小野 富昭,杉山 芳樹
270
  ●An Animal Model of Maxillofacial Malformation Produced by Fetal Laser Surgery
    Ken HIROSE, Shoichi SUZUKI, and Kimie OHYAMA
278
  ●片側唇顎口蓋裂の術前顎矯正による治療成績
    平川 崇,佐藤麻衣子,宮崎 英隆,松本 亨,三島木 節,小林 眞司,安村 和則,山本 康,鳥飼 勝行
287
  ●片側性口唇裂の外鼻修正術後における外鼻形態の後戻り評価
    森田 圭一,石井 正俊,森山 孝,今泉 史子,小村 健
298
統計
 
  ●口唇口蓋裂児を持った母親の授乳経験のアンケート調査
    山本 一郎
305
症例
   
  ●硬口蓋が未手術であった右側口唇口蓋裂成人症例に対する顎裂部骨移植術の適用
    飯野 光喜,佐々木知一,幸地 省子,福田 雅幸

316

短報
   
  ●常温重合型粘弾性レジンを用いた小型鼻口腔瘻栓塞子
    福田 雅幸,宮本 洋二,飯野 光喜,幸地 省子

322

  ●口蓋裂言語の国際的評価基準に関するNIDCD(NIH)ワークショップに参加して
    藤原 百合

325

 
  新入会員並びに住所変更欄