認定師認定制度について  
         
 

この制度は、口唇裂・口蓋裂に関する医療水準の向上と異なる医療専門領域間での治療協力体制を促し、国民の福祉に貢献することを目的としています。
 

認定師の申請には、以下の条件を満たしていることが必要です。

 
         
   1)各職種の免許証を取得後5年以上経過しているもの
 2)5年以上引き続いて日本口蓋裂学会の正会員であるもの
 3)口唇裂・口蓋裂医療に5年以上従事し、第7条に定める記録を有する
   もの
 4)口唇裂・口蓋裂に関係する業績を有するもの。内容要件は手引きに
   定める。
 5)日本口蓋裂学会総会・学術集会において開催される教育セミナーを
   2回以上受講していること。ただし、同一年の複数の受講証明は認め
   ない。
 
※日本口蓋裂学会認定師認定制度について、詳しくはこちら をご覧ください。
※認定師認定制度の「手引き」に関しましては、現在検討中です。