日本無菌生物ノートバイオロジー学会
理事長挨拶
本学会の目的
学会の活動内容
学会の歴史
学会の会則
学会の構成
入会のご案内
総 会
国際学会
佐々木正五賞
雑誌無菌生物
編集部ニュース
International Association   on Gnotobiology
関連リンク
お問い合わせ




理事長 神谷 茂 先生

理事長挨拶

自然界の動植物は、細菌やウイルスなどの微生物と共生し、お互いに作用しながら生きていますが、このような共生する微生物を排除して無菌生物を作り出し、新たに既知の細菌や微生物を定着させた動植物をノートバイオート(gnotobiote)と呼びます。すなわち、ノートバイオロジー(Gnotobiology)とはノートバイオート、つまり既知の微生物を感染させた生物を用いた学問体系を意味しています。その対象は極めて多岐にわたり、医学、理学、農学、薬学、歯学、栄養学、獣医学、繊維学等で広くノートバイオロジーが研究されています。
日本無菌生物ノートバイオロジー学会(Japanese Association of Germfree Life and Gnotobiology:JAGG)は1968年に設立され、初代理事長として名古屋大学医学部病理学講座の宮川正澄教授が就任されました。上述の如く、本研究領域ではノートバイオートを用いて基礎医学、臨床医学、栄養学、薬学、農学、獣医学および繊維学などの様々な学術的観点から解析が行われ、極めて学際的な学術領域であるという特徴をもちます。
本学会では毎年1回学術総会が開催され、異なる専門領域を有する多数の研究者が集い、最新の研究成果が発表されます。また本学術総会での発表内容を基にして編集された学会誌「無菌生物」が定期的(年2号)に発行されています。本学会会員のバックグラウンドは多岐にわたり、本学会での学術活動を通じて学際的な研究が進み、その研究成果は微生物学、病理学、血液内科学、感染症学、口腔保健衛生学、獣医感染症学、農芸化学、分子生物学などの領域に反映されてきました。
 1981年、米国ノートバイオロジー学会(Association for Gnotobiotics:AG)、欧州ノートバイオロジー学会(European Gnotobiotics Association:EGA)および本学会の連携により国際ノートバイオロジー学会(International Association for Gnotobiology :IAG)が結成されました。IAGでは3年ごとに世界の各国において国際ノートバイオロジーシンポジウム(International Symposium on Gnotobiology:ISG)が開催されています。
近年、宿主に共生する常在細菌叢(フローラ)に関する科学的関心が高まり、無菌生物が関与する科学領域は極めて多岐、広汎にわたっており、今後ノートバイオートを活用した学術研究活動の進展が大いに期待されています。本学会での学術研究活動の成果を関連領域に有効に還元していくとともに、多方面においてノートバイオロジー研究に従事している研究者と連携して我が国のノートバイオロジー研究の推進役として貢献していけるよう努力する所存です。ノートバイオロジーについて興味をもたれている方々の本学会へのご参加をお願いする次第です。

2016年5月
All Rights Reserved, Copyright (c)  (JAGG) Japanese Association of Germfree Life and Gnotobiology