日本無菌生物ノートバイオロジー学会
理事長挨拶
本学会の目的
学会の活動内容
学会の歴史
学会の会則
学会の構成
入会のご案内
会員へのお知らせ
総 会
国際学会
雑誌無菌生物
編集部ニュース
International Association   on Gnotobiology
関連リンク
お問い合わせ


第48回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会開催ご案内

総会開催にあたって

会 長 一戸 辰夫
(広島大学原爆放射線医科学研究所 血液・腫瘍内科研究分野)

 会員の皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 このたび、2015年1月30日(金)、31日(土)の両日、被爆後70周年を迎える広島におきまして、第48回日本無菌生物ノートバイオロジー学会を開催いたしますのでご案内申し上げます。
 本学会は、1968年1月に初代会長の宮川正澄先生、藤原彰夫先生、佐々木正五先生らにより設立され、無菌生物学に関心を有する医歯薬学、動植物学、農学、工学など幅広い分野の研究者が一堂に会して、領域横断的に自由闊達なディスカッションを行うユニークな学会として発展を遂げて参りました。会員の皆様には奮ってご参加いただき、多くのご発表とご議論をいただけますようお願い申し上げます。
 今回の総会では、「無菌生物学が開く免疫系の新たな理解」をテーマに、特別講演2題、シンポジウム2題、さらに一般演題より構成いたしました。学会会場の広島大学広仁会館は、広島駅からも至近の距離にあり、利便性にすぐれた場所にあります。また懇親会は、冬の広島ならではの味覚と美しい夜景をお楽しみいただくために、陸続きで広島湾に浮かぶ宇品島での開催を予定しております。多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

会 期:  2015年(平成27年)1月30日(金)〜 1月31日(土)
会 場:  広島大学医学部広仁会館
      〒734-8551 広島市南区霞1丁目2番3号
      TEL: 082-257-5098 FAX: 082-256-5300
懇 親 会  グランドプリンスホテル広島  2階宴会場「瀬戸内」
      〒734-8543 広島市南区元宇品町23-1
      TEL: 082-256-1111
参加費:  7,000円、学生 1,000円
懇親会費: 3,000円

1. 日程
会 場
1月30日(金)
1月31日(土)
広仁会館2階
大会議室







グランドプリンス
ホテル広島




13:00 – 開会の辞、総会
13:30 – 14:45  一般演題
15:00 – 16:30 シンポジウムⅠ
16:45 – 17:45 特別講演I
17:45 – 18:00 記念写真撮影
19:00 – 21:00 懇親会
 9:00 – 9:45     一般演題
 9:45 – 10:30 特別講演II
10:30 – 12:00 シンポジウムII
12:00 – 12:30 会長賞表彰
                        閉会の辞

特別講演I:「腸内共生系におけるエピジェネティックな免疫修飾(仮題)」
                                                    慶應義塾大学 薬学部 長谷耕二先生

特別講演II:「福島原発事故のその後〜復興と再生の現状」
                                                    広島大学原爆放射線医科学研究所 神谷研二先生

シンポジウムⅠ:「臨床医歯学における宿主対微生物応答の新展開」
                                                   
シンポジウムⅡ:「動植物と微生物の共進化」
                                                   


演題申し込み
a. 対 象:本学会会員
(未入会の方は日本無菌生物ノートバイオロジー学会事務所へご連絡ください)

b. 締め切り日:2014年(平成26年)10月25日(土)

c. 申し込み方法:テキスト形式で演題申込書を作成の上、e-mailに添付して、                                             1. 総会事務局と、
                             2. 学会事務所の両方にお送りください。

d. 演題申込書:1. 演題、2. 発表者(演者の前に○をつけてください)、3. 所属、
                       4. 抄録、5. 英文演題、6. 英文発表者、7. 英文所属、8. 英文抄録、
                       9. 住所、10. 電話番号、11. FAX番号、12. e‐mailアドレスを
                       明記してください。
                       1~8を「日程と抄録集」B5版1頁に印刷します。
例)

  1. 1. 演題 造血器腫瘍例に発症した腸球菌属血流感染症に対するリポペプチド系
                 抗菌薬の有効性

  2. 2. 発表者 ○美山貴彦*、大島久美**、一戸辰夫**

  3. 3. 所属 *広島大学病院 血液内科、
                 **広島大学原爆放射線医科学研究所 血液・腫瘍内科研究分野

  4. 4. 抄録 (1200字以内)
  5.       I.目的(はじめに等)
  6.       腸球菌属は重篤な血流感染症の起因菌として重要であり、特に造血器腫瘍に
          対する化学療法後に・・・

  7.       II.対象と方法(材料と方法等)
  8.       2013年4月から2014年3月までの間に、当科で造血器腫瘍に対する化学療法
          あるいは造血幹細胞移植を実施された318症例のうち・・・・・

  9.       III.結果および考察
  10.       分離菌の種類と頻度は、E. faecalis が12例、E. faecium が7例、
          E. gallinarum が2例であった。・・・・

  11. 5. 英文演題 Clinical efficacy of lipopeptide antibiotics against
                      Enterococcal bloodstream infections in patients with
                      hematologic neoplasms

  12. 6. 英文発表者 TAKAHIKO MIYAMA, KUMI OSHIMA and TATSUO ICHINOHE

  13. 7. 英文所属 *Department of Hematology, Hiroshima University Hospital,
                        Hiroshima **Department of Hematology and Oncology,
                        Research Institute for Radiation Biology and Medicine,
                        Hiroshima University, Hiroshima

  14. 8. 英文抄録(250 words以内)
                    Enterococci are an important cause of severe bloodstream
                     infections, especially in patients who received cytotoxic
                     therapy for hematologic malignancies. ・・・

  15.  9. 住所 〒734-8553 広島市南区霞1丁目2−3
  16. 10. 電話 082-257-5861
  17. 11. FAX 082-256-7108
  18. 12. e‐mail ・・・・@hiroshima-u.ac.jp

演題の採否は学会および総会事務局へご一任くださいますようお願い申し上げます。演題が採択されましたら、機関誌「無菌生物」に掲載する原稿をご提出いただきます。詳しくは申し込み後にご案内いたします。

連絡先
a. 総会事務局〒734-8553 広島市南区霞1-2-3
広島大学原爆放射線医科学研究所 血液・腫瘍内科研究分野内
第48回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会事務局 大島 久美
Tel 082-257-5861 Fax 082-256-7108
E-mail :
b. 学会事務所〒181-8611 三鷹市新川6-20-2
杏林大学医学部感染症学講座  大﨑 敬子
Tel 0422-47-5511 内線3464   Fax 0422-44-7325
E-mail :
All Rights Reserved, Copyright (c)  (JAGG) Japanese Association of Germfree Life and Gnotobiology