日本無菌生物ノートバイオロジー学会
理事長挨拶
本学会の目的
学会の活動内容
学会の歴史
学会の会則
学会の構成
入会のご案内
会員へのお知らせ
総 会
国際学会
雑誌無菌生物
編集部ニュース
International Association   on Gnotobiology
関連リンク
お問い合わせ

第47回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会開催ご案内
総会開催にあたって

会長 田口 晴彦
(杏林大学保健学部免疫学研究室)

会員の皆さまにおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、2014年1月31日(金)2月1日(土)の両日、東京にて第47回日本無菌生物ノートバイオロジー学会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。
日本無菌生物ノートバイオロジー学会は1968年に宮川正澄先生、藤原彰夫先生、佐々木正五先生らにより設立され、臨床および基礎医学、動物学、農学領域を「無菌生物学」をキーワードに結んだ学会活動を続けてまいりました。その研究領域は基礎医学、臨床医学、歯学、薬学、農学、生物学、工学など幅広い分野に及び、それら境域の研究者が一堂に会して研究成果を発表する学際的な学会であります。このようなユニークな学会でありますので有意義で闊達な議論ができるものと確信しております。
 今回の総会は「常在細菌叢の重要性」をテーマに掲げ、特別講演1題、シンポジウム2題、さらに一般演題より構成いたしました。また、学会会場は東京・市ヶ谷駅より徒歩2分の「アルカディア市ヶ谷(私学会館)」とし利便性を図りました。多数の先生方のご参加をお待ちしております。

会 期:  2014年(平成26年)1月31日(金)〜 2月1日(土)
会 場:  アルカディア市ヶ谷(私学会館)
      〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25 
      Tel: 03-3261-9921(代)
参加費:  一般 7,000円、学生 1,000円
懇親会費: 3,000円

1. 日程
会 場
1月31日(金)
2月1日(土)

鳳凰(4階)







阿蘇(6階)




13:00 – 開会の辞、総会
13:30 – 14:45  一般演題
15:00 – 16:30 シンポジウムⅠ
16:45 – 17:45 特別講演
17:50 – 18:00 記念写真撮影
18:00 – 20:00 懇親会
  9:00 – 9:45     一般演題
10:00 – 12:00 シンポジウムⅡ
12:00 – 12:30 会長賞表彰
                        閉会の辞

特別講演:「IBD領域でノートバイオートを用いたプロバイオティクス科学」
                                                    慶應義塾大学医学部消化器内科 金井隆典

シンポジウムⅠ:「腸内細菌叢と肥満・生活習慣病」
                                                    座長 東北大学大学院 駒井三千夫
                                                    日本大学  細野 朗

シンポジウムⅡ:「除菌適用拡大時代のHelicobacter 研究」
                                                    座長 杏林大学 大﨑敬子
                                                    ミヤリサン製薬株式会社 高橋志達

2. 演題申し込み
a. 対 象:本学会会員
(未入会の方は日本無菌生物ノートバイオロジー学会事務所へご連絡ください)

b. 締め切り日:2013年(平成25年)10月31日(木)

c. お申し込み方法:テキスト形式で演題申込書を作成の上、e-mailに添付して、                                             1. 総会事務局と、
                             2. 学会事務局の両方にお送りください。

d. 演題申込書:1. 演題、2. 発表者(演者の前に○をつけてください)、3. 所属、
                       4. 抄録、5. 英文演題、6. 英文発表者、7. 英文所属、8. 英文抄録、
                       9. 住所、10. 電話番号、11. FAX番号、12. e‐mailアドレスを
                       明記してください。
                       1~8を「日程と抄録集」B5版1頁に印刷します。
例)

  1. 1. 演題 本邦におけるヒト及び家畜から分離したNetB毒素産生性Clostridium               perfringensの検出

  2. 2. 発表者 ○和田薫子*、高橋志達*、岡健太郎*、田口晴彦**

  3. 3. 所属 *ミヤリサン製薬株式会社、**杏林大学保健学部免疫学研究室

  4. 4. 抄録 (1200字以内)
  5.       I.目的(はじめに等)
  6.       近年、欧米を中心にClostridium perfringens の新たな毒素として
          NetBの存在が・・・・

  7.       II.材料と方法等
  8.       ブロイラーの糞便44検体、産卵鶏の糞便51検体、ブタの糞便18検体
          ・・・・・

  9.       III.結果および考察
  10.       ブロイラー、産卵鶏及びブタの便検体におけるC.perfringens の検出率
          は、・・・・

  11. 5. 英文演題 Detection of NetB gene in Clostridium perfringens derived
                       from livestock animals and clinical isolate of human in Japan

  12. 6. 英文発表者 Kaoruko Wada*, Motomichi Takahashi*, Kentaro Oka* and
                           Haruhiko Taguchi**

  13. 7. 英文所属 *Tokyo R&D center, Miyarisan Pharmaceutical Co., LTD.,
                        **Department of
                         Immunology, Kyorin University Faculty of HealthSciences

  14. 8. 英文抄録(約250 words)
                    NetB produced by Clostridium perfringens was recently reported
                    as a novel toxin and is suggested to be an essential virulence
                    factor for necrotic enteritis, especially in the chicken.

  15.  9. 住所 〒114-0016 東京都北区・・・・・
  16. 10. 電話 03-3917-・・・・
  17. 11. FAX 03-3917-・・・・
  18. 12. e‐mail ・・・・@miyarisan.com

演題の採否は学会および総会事務局へご一任くださいますようお願い申し上げます。演題が採択されましたら、機関誌「無菌生物」に掲載する原稿をご提出いただきます。詳しくは申し込み後にご案内いたします。

連絡先
a. 総会事務局〒192-8508 八王子市宮下町476
杏林大学保健学部免疫学研究室内
第47回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会事務局
事務局長 新江 賢
Tel 042-691-0011 内線4127   Fax 042-691-1094
E-mail :
b. 学会事務所〒181-8611 三鷹市新川6-20-2
杏林大学医学部感染症学講座  大﨑 敬子
Tel 0422-47-5511 内線3464   Fax 0422-44-7325
E-mail :
All Rights Reserved, Copyright (c)  (JAGG) Japanese Association of Germfree Life and Gnotobiology