日本無菌生物ノートバイオロジー学会
理事長挨拶
本学会の目的
学会の活動内容
学会の歴史
学会の会則
学会の構成
入会のご案内
会員へのお知らせ
総 会
国際学会
雑誌無菌生物
編集部ニュース
International Association   on Gnotobiology
関連リンク
お問い合わせ

第43回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会開催ご案内
総会開催にあたって
会長 落合 邦康
(日本大学歯学部細菌学教室)

 会員の皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。さて、2010年(平成22年)1月21日(木)、22日(金)の両日、東京で第43回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会を開催いたします。
 本学会は無菌生物学に関わる基礎医学、臨床医学、歯学、薬学、農学など幅広い分野の研究者が無菌生物を共通項として一堂に会するユニークな学会です。 口腔領域を専門とする私どもにとりましても異なる分野の研究や考え方を知り、情報交換のできる機会であると思っています。  会員の皆様には多くの研究成果を発表し、討論に参加していただきますようお願いいたします。
 特別講演、シンポジウムは下記のとおり企画しております。また、会長奨励賞として、一般演題の中から優秀演題1題を選考し、表彰(副賞5万円)いたします。
 会場となる日本大学歯学部は東京の中心に位置し、JR東京駅から5分の御茶ノ水駅下車徒歩3分の所です。 昔からニコライ堂をはじめとし、学生の街として親しまれてきました。また古本屋街の神保町や時代の最先端に出会える秋葉原も徒歩圏にあります。 ぜひ多数の皆様のご参加をお待ちしております。

会 期:2010年(平成22年)1月21日(木)、22日(金)
会 場:日本大学歯学部 1号館4階 大講堂
     〒101−8310 東京都千代田区神田駿河台1−8−13
     Tel:03‐3219‐8125,Fax:03‐3219‐8317
参加費: 一般 5,000円、学生 1,000円
日 程
日 程
1月21日(木)
1月22日(金)
講演会場





13:00 開会の辞,総会議事
     一般演題
14:00 特別講演Ⅰ
15:30 シンポジウムⅠ
17:40 記念写真撮影
18:30 懇親会
9:30 一般演題
10:30 シンポジウムⅡ
11:30 特別講演Ⅱ
12:20 会長奨励賞表彰
閉会の辞

特別講演 I:唾液と口腔疾患


特別講演 II:粘膜免疫の新展開


シンポジウム I:常在菌感染症を誘因とする全身疾患


シンポジウム II:抗加齢医学の最前線


演題申し込み
a.対 象:本学会会員
(未入会の方は日本無菌生物ノートバイオロジー学会事務所へご連絡ください)

b.締め切り日:2009年(平成21年)10月31日(土)

c.お申し込み方法:テキスト形式で演題申込書を作成の上、e-mailに添付して
                          ください。

d.お申し込み先
                      (日本無菌生物ノートバイオロジー学会事務所 大崎敬子宛)

e.演題申込書:1.演題名、2.発表者(演者の前に○をつけてください)、3.所属、
                    4.抄録、5.英文演題、6.英文発表者、7.英文所属、8.英文抄録、
                    9.郵便宛先、10.電話番号、11.FAX番号、12.e‐mailアドレスを
                    明記してください。
例)

  1. 演 題 気管支喘息への肺炎マイコプラズマ感染の影響


  2. 発表者 ○蔵田 訓,田口晴彦*,大郫敬子,花輪智子,米澤英雄,神谷 茂


  3. 所属 (杏林大学医学部感染症学講座,*同保健学部免疫学)


  4. 抄録 (1200字以内)


  5. I.目的(はじめに)
    Mycoplasma pneumoniaeは学童から青年……

    II.材料(対象)
    実験動物としてBALB/cマウス(雄,5週齢)とIQI系……

    III.方法
    感作初日にM. pneumoniae M129株を超音波により……

    IV.結果
    BALB/cマウスの血清中OVA特異的IgE濃度は……

    V.考察
    M. pneumoniae 菌体抗原による感作は……

    VI.結論
    M. pneumoniae ノートバイオート肺炎モデルの肺内サイトカインの検討より……

  6. 英文演題
    The effect of Mycoplasma pneumoniae infection on asthma model in mice


  7. 英文発表者
    SATOSHI KURATA, HARUHIKO TAGUCHI*, TAKAKO OSAKI, TOMOKO HANAWA, HIDEO YONEZAWA and SHIGERU KAMIYA


  8. 英文所属
    Department of Infectious Diseases, Kyorin University School of Medicine, Mitaka *Department of Immunology, Faculty of Health Sciences, Kyorin University, Hachioji


  9. 英文抄録(約250 words)
    Mycoplasma pneumoniae infection is known as one of the factors deteriorating asthma.……


  10. 郵便宛先
    〒181‐8611 東京都三鷹市新川 6‐20‐2
    杏林大学医学部感染症学講座
    蔵田 訓


  11. 電話番号(0422)47‐5511 内線3464


  12. FAX番号(0422)44‐7325


  13. E‐mail:

演題の採否は学会および総会事務局へご一任くださいますようよろしくお願いいたします。

演題申し込み後1週間以内に受領メールが届かない場合は,お手数ですがお問い合わせください。


問い合わせ先:総会事務局
 〒101‐8310
 東京都千代田区神田駿河台1‐8‐13
 日本大学歯学部細菌学教室 担当 菊池 邦好
 
 Tel:03‐3219‐8125 Fax:03‐3219‐8317
All Rights Reserved, Copyright (c)  (JAGG) Japanese Association of Germfree Life and Gnotobiology