▶ HOME
ISIN2012

公開シンポジウム プログラム

ナノバイオデバイス研究の最前線 ~人の遺伝を知り健康を守る最新科学技術~

12 : 00  開場

13 : 00  川合知二  大阪大学特任教授・最先端研究開発支援プログラム中心研究者
     「私たちのDNAを1分子で観る、知る方法」

13 : 40  馬場嘉信  名古屋大学教授・革新ナノバイオデバイス研究センター長
     「私たちの病気を早期発見し健康を守る最新ナノテク」

14 : 10  質疑応答

14 : 20  ナノバイオデバイスを体験しよう
     大阪大学ブース、名古屋大学ブース、パナソニックブース、
     東レブース、東芝ブース、JMACブース

15 : 00  下野 健  パナソニック(株)
     「痛みを伴わない疾病診断」

15 : 20  源間信弘 (株)東芝
     「電流検出方式を用いたウイルス・病原菌検出用DNAチップ」
 
15 : 40  滝澤聡子 東レ(株)
     「マイクロRNAの検出による新しい検査・診断法の可能性」

16 : 00  中江裕樹 (特非)バイオチップコンソーシアム(JMAC)
     「1分子解析技術の実用化が巻き起こすナノバイオ市場への新風」

16 : 40  質疑応答

このシンポジウムは、内閣府・最先端研究開発支援プログラムの支援を受けて開催します。