乳腺MRI症例検討会
ごあいさつ
次回検討会
以前の検討会内容
検討会メンバー
ごあいさつ

 乳腺疾患の画像診断にもとめられているものは、病変の存在診断と良悪性鑑別を含めた組織型診断と癌においての広がり診断です。
 現在、乳腺の画像診断としてマンモグラフィと超音波がありますが、近年MRIやCTが注目を集めています。MRIでは癌、とりわけ他のモダリティに比べて乳管内癌の検出に優れているとされ、乳癌の治療に際して広がり診断や多発などの存在診断に有用です。
 しかし、乳房MRIにおける画像の”読み”については、なかなか一定したものがないのが現状です。適切な診断のためには、このMRI画像と病理組織との対比を行い、知見を集積していくことが必要不可欠と思われます。
 そのため、癌研究会癌研究所乳腺病理部で一緒に研修を行った乳腺診療を専門とする有志が、乳腺MRI症例検討会を立ち上げ、定期的に検討会を行っております。
 本ホームページでは乳房MRI診断のヒントとなるべく、その過去の検討会の記録を公開いたします。また、ご興味のある方は検討会にぜひお気軽に足をお運びください。お待ちしております。
Copyright 2003 乳腺MRI症例検討会 All rights reserved.